占い師だからこそ本音や悩みを告白する

uranaisi

占いの当たりやすさ云々や、運勢や未来がどうのこうのよりも、純粋に自分の悩みや不安を相談したいと思い、みらでんを利用する人もいます。このような人は、電話占いで占い師に本音や伝えたいことを全て話して、少しでも気持ちをスッキリさせたいと思っているのです。
悩みや不安というのは、友人や家族にはなかなか伝えられないものです。
余計な心配をかけたくない、関係を悪化させたくないと思い、親密な関係な相手ほど悩み相談をすることを躊躇するのです。

だからこそ、初対面で何の関係もない占い師の方が、深い悩みを相談することもできますし、本音で話すことができるのです。
占い師も、そのようなお客は数え切れないほど占ってきているので、プロとして悩み相談に乗ってくれるのです。
もちろん、占いの方はしっかりと行いますし、現在の運気やこれからの運命を診断して、今後どうすべきかを色々とアドバイスするわけです。
そういった占い師の言葉を聞くことで、終わった後には少しスッキリした気持ちになれるでしょうし、全てとまではいかなくても、悩みをそれなりに解消できているかもしれません。

ただ、悩みを相談するのであれば、他にもカウンセリングを受ける方法もあるでしょうし、その中であえて占いを利用する理由はどこにあるのでしょうか。
悩み相談と言っても色々なパターンがあり、例えば物理的な解決が必要だったり、専門家のアドバイスを要する場合であれば、さすがに占いというわけにはいかないでしょう。
ただ、精神的な部分が大きかったり、自分の気持ちの持ち方1つで解消できるような悩みだれば、占いの方がいいと思う人はたくさんいるのです。
この場合、欲しいのは具体的な解決策ではなく、親身になって相談に乗ってくれる人、気持ちのこもった言葉なわけですから、そうなれば占い師がまさにピッタリな存在なわけです。